美容整形の料金のしくみ

woman1美意識の高い人がおこなうというイメージだった美容整形ですが、なかには「プチ整形」といわれる日帰り入院で行える簡単なものがメジャーとなってきています。

 

価格も50000円~と非常に安く施術できるのも魅力のひとつです。ですが、1つ1つは安いけれど合計の費用はいくらかかるのか?保険は適応されるのか?といった疑問も同時に浮かんできます。

 

では、美容整形の料金設定はどのような仕組みになっているのでしょうか?

美容整形は、病気やけがではないので保険適用外となります。エステ同様「美容目的の施術」となるわけです。そのため、自由診療となり全額自己負担となります。自由診療の場合は医師が診療報酬を設定できる仕組みになっています。そのため、クリニックによって金額はまちまちとなり、カウンセリングが無料のところと有料のところがあるのです。

行う施術によっては以下が保険が適応される場合があります。
○ほくろ除去(悪性の場合、危険性があるとみなされた時のみ保険適応)
○眼瞼下垂(保険適応され、一部自己負担)
○眼瞼外反修正術(保険適応され、一部自己負担)
○逆まつ毛
○ワキガ治療
健康保険の認定を受けている事が前提です。また、カウンセリングは自己負担の場合もあるので事前に確認しておきましょう。

美容整形は保険適応外と思いがちですが、上記以外にも施術内容や、クリニックによっては適応されるケースがありますし、自由診療なので受診する前に何ヵ所か施術料金を比較しておくのがオススメです。

美容整形は多額のお金が必要になるケースが多いです。そんな時に美容クリニックのローンは利息が高いので、民間のカードローンを利用するのも1つの手段です。比較的借りやすいところがアコムと言われています。アコムの審査基準についてまとめましたので、一度確認してみると良いでしょう。