失敗した人・成功した人

整形に対し、興味はあっても不安や抵抗があるものです。ここでは整形の失敗、成功をご紹介したいとおもいます。

整形の失敗談でよく聞かれるのが「欲を持ちすぎたがために失敗した」という話です。一度整形をしてしまうと、もっと綺麗になりたいと思う人が多く整形をする必要のない箇所でも整形していまったというケースを多く耳にします。

 

結果、費用が余分にかかってしまい、施術後のダウンタイムの期間も長くなってしまいます。なかには整形依存になってしまう人もおり、明らかに整形したと一目でわかる顔になってしまいます。また、何年か経つと体調を崩してしまうこともあります。カウンセリングの際にしっかりと相談するほうが良いです。

「成功した」と言っている人の多くは、失敗してしまったという人とは反対に欲をもたず、ほどほど程度に行うと良い結果に終わっています。

doctor

 

本格的な美容整形と違い手軽にできるプチ整形ですが、いずれは取れてしまうという難点があります。ですが、二重のプチ整形に関してはそのまま二重のクセがつき再度プチ整形をする必要が無くなることもあります。費用もそれほど掛かりませんし、痛みも最小限で済みます。

このことから、美容整形をする前に一度プチ整形をして様子を見ながら施術を受けるのがオススメです。少し整形するだけでコンプレクスを無くせるのなら初めから大幅に整形をおこなう必要はなくなってきます。二重の幅をはじめ、欲張らずにいれば自然な仕上がりになるでしょう。

Comments are closed.